男女

変形性膝関節症から復活しましょう|効果的な改善方法

相乗効果を期待した摂取

はちみつ

免疫力の向上を介してがんの対策にもなるのがプロポリスであり、その注目度の高さから原液も流通しています。他の食品に混ぜて使用して相乗効果が期待できるように食べ方を工夫すると、飽きずに摂取を続けられるでしょう。

詳細を読む

中高年の膝の痛み

ドラッグ

症状が軽いうちに病院へ

50代以降になると、膝の痛みを訴える人が増えてきます。このほとんどは、変形性膝関節症の症状です。変形性膝関節症は、60代の女性のおよそ4割、男性では2割の人が罹患していると言われています。特に女性が罹りやすく、その患者数はおよそ男性の1.5倍から2倍にものぼります。変形性膝関節症は進行性の病気で、はじめの頃は膝に違和感を覚える程度ですが、これを放置しているとどんどん病状が悪化していき、腫れや痛み、水がたまるといった症状が強くなり、ひどくなると歩くことができないほどになります。このため、できるだけ軽い症状のうちに病院を受診し、リハビリや薬剤のよる治療を行い、その進行をくい止めることが大切です。また、肥満や運動不足により膝に負担がかかると悪化することから、生活習慣を正す、筋肉を鍛える軽い体操を実施するといった普段の生活における健康への工夫を行うことも改善への大切な要素となります。

膝痛のメカニズム

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減ることで起こるとされています。関節部の骨は軟骨に覆われそのためにスムーズに動きますが、これがすり減ると関節の間隔が狭くなり、進行するとついには骨同士がぶつかってしまい痛みや炎症が生じるのです。軟骨のすり減りは、体内にある軟骨を構成する成分「グルコサミン」や「コンドロイチン」が減少することで起こります。つまり、これらの成分が足りないことで変形性膝関節症に罹患してしまうのです。そこで、体内に足りないこれらの成分を外から補給することが望まれます。グルコサミンとコンドロイチンは、食品ではオクラや山芋、ふかひれ等に多く含まれていますが、これらを日常的に取り続けることは入手しやすさや経済性といった点でかなり困難です。そのため、毎日確実に必要量が取れるサプリメントが推奨されています。また、グルコサミンとコンドロイチンは軟骨成分の補給だけでなく、炎症を抑えるという特徴を持つことから、痛みの改善にも期待できると言われています。

女性ホルモンを増やす方法

サプリ

すべての女性は、50歳近くなると大幅にエストロゲンが減ります。更年期障害になったら、病院でホルモン補充療法を受ける事ができます。エストロゲン薬投与は効果がありますが、副作用が心配な場合はサプリメントがお勧めです。

詳細を読む

血糖値を下げるミネラル

錠剤

糖尿病は、発症が疑われている段階なら、サプリメントで予防することが可能です。具体的には、インスリンの分泌を促すマグネシウムと、その働きを高めるクロムのサプリメントを飲むのです。これらを食事に加えサプリメントで十分に摂取すると、多くのインスリンがしっかりと働くようになり、血糖値が下がっていきます。

詳細を読む